ゆめのかなえかた ゆめのかなえかた ゆめのかなえかたの試し読みができます!
著: たかい よしかず  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
こどもも大人も、ゆめをかなえるってすてきなこと!

わたしの生まれた部屋」 てんぐざるさんの声

わたしの生まれた部屋 作:ポール・フライシュマン
訳:谷口 由美子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1993年12月
ISBN:9784037265007
評価スコア 3.5
評価ランキング 39,031
みんなの声 総数 1
「わたしの生まれた部屋」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 赤ん坊を生んだり、「死」を迎える部屋

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子14歳

    旋律が優しい文章で、すらすら読めました。後書きで邦訳者の方が書いていましたが、この作品の時代背景は南北戦争の頃、リンカーンが人権宣言をしたり、黒人の奴隷解放運動が起きたりしていたころのことです。
    主人公のジョージーナは、当時のアメリカではよくある普通の農家の家の子でした。
    風習的に人が生まれたり、死を迎えたりする用の部屋というものがあり、この物語はその部屋での出来事を中心に時代と伴に進んでいきます。

    とても悲しい身内の詩や新しい家族の誕生、初めて衛あった逃亡中の奴隷を匿ったりと、事件は老いのですが、ジョージーナの性格の表れなのか作者の書き方の癖なのか、
    物語は淡々と進んでいきますが決して強引な進み方ではなく、心地よいまったりした時間の流れを感じました。

    刺激の多い現代の子どもたちには、淡々としすぎていて味気なく感じるかもしれませんが、時間をかけてゆっくりと感じる人と人とのつながりや思いを味わってほしいなぁと、思いました。

    投稿日:2014/05/30

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「わたしの生まれた部屋」のみんなの声を見る

「わたしの生まれた部屋」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット