もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

ぼくつかまらないもん!」 ととくろさんの声

ぼくつかまらないもん! 文:マーガレット・ワイズ・ブラウン
訳:なかがわ ちひろ
絵:長野 ヒデ子
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2014年10月30日
ISBN:9784751527122
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,807
みんなの声 総数 73
  • この絵本のレビューを書く
  • 親子の会話を広げてくれる☆

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、女の子2歳

    読み継がれる海外の名作「ぼく にげちゃうよ」も
    私の大好きな絵本です。
    子どもが母から離れるための空想の会話。
    お魚になるなどの飛んだ発想に母が付き合います、
    そして・・・やっぱり母のそばを選ぶのです。
    洗練された構成、母の愛が眩しい物語です。

    そして新たに作られた今回の「ぼく つからないもん!」
    訳と絵が違うとこんなにも印象が変わるのですね!
    ほんわかした絵で描かれていて、
    探し絵みたいになっているページもあります。
    「ここにいるね!」「あっ本当だ」
    絵本のうさぎ親子の会話に導かれて、
    読み聞かせのわたしたち親子の会話も広がるのです。
    毎回変身する子どもに合わせて
    母が猟師や探検家になるのですが
    その装備が絵となって一覧絵になっているところが特にいいです。
    こういう絵が親子で大好き。
    こんなもの持って行くんだね、
    また違った会話の広がりがあるのです。
    この絵本のお母さんは子どものふとした思いつきに
    全力で乗っかっているんだなぁと感じるページでもあります。

    色鉛筆で描かれた
    黄色い原っぱの柔らかい雰囲気。
    絵も発想も可愛いです。
    あの名作をこういう風にも広げることができるんだという
    新鮮な発見があります。
    (もちろん本作が初めてでも楽しめると思いますよ)
    より肩のチカラを抜いて読めて、
    様々な楽しみ方ができる工夫が絵や訳にされてあると感じます。
    子どもの会話って
    「なに言ってるの?よくわからないなー」と
    忙しいとついつい適当に流しちゃいがち。
    そんな会話も母がこんなに素敵に対応すると・・・
    二人の間も深まるし、
    その時間もかけがいのない豊かなものになるんだね。
    ぜひゆっくりと親子で読みたい絵本です。

    投稿日:2015/02/15

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくつかまらないもん!」のみんなの声を見る

「ぼくつかまらないもん!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / おおきなかぶ / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット