ぼんやきゅう ぼんやきゅう
文: 指田 和 絵: 長谷川 義史  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
亡くなったひとたちと、いまを生きているものとの交信、それが、盆野球。

たなばたむかし」 押し寿司さんの声

たなばたむかし 作:大川 悦生
絵:石倉 欣二
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1979年
ISBN:9784591016671
評価スコア 4.57
評価ランキング 5,025
みんなの声 総数 6
「たなばたむかし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 七夕

    天女のたなばたさんに恋してしまったいぬかいさんが、たなばたさんの羽衣を隠してしまったのは、どうしても一緒にいたい恋心からだったと思いました。でも、嘘をついたのは良くないと思いました。男らしくたなばたさんへの思いを打ち明けたらきっと気持ちは通じると思いました。女の子が産まれ、次は男の子に恵まれて幸せに暮らしておったのに、羽衣見つけてしまっては里心がつくのも当然だと思いました。我が子をしっかり抱いて天に帰るたなばたさんは我が子を連れて行けてよかったと思いました。後に残ったいぬかいさんのことを心配して、書置きを残して去ったたなばたさんの気持ちは、夫婦仲良く睦まじく暮らしていたからこそ出来たのだと思いました。いぬかいさんが、二人の子どもから愛されていると思いました。他の天女に嫉まれてしまったのが、人間の世界と一緒だと思うと悲しかったです。天の川の織姫と彦星のように引き離されてしまったのが、親子だけに益々切なくなってしまいました。でも天で再会できたことを喜びたいと思いました。星座のことも学べました。

    投稿日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「たなばたむかし」のみんなの声を見る

「たなばたむかし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット