宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

たなばたむかし」 なしなしなしさんの声

たなばたむかし 作:大川 悦生
絵:石倉 欣二
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1979年
ISBN:9784591016671
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,846
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く
  • 民話の七夕

    「織姫と彦星が出会って、仕事もしないで遊んでばかり。天の神様が怒ったので、二人は離れ離れに・・・年に一度7月7日にだけ会えるのです」
    といった、七夕のお話とは違うものでした。

    初めて読みましたが、九州地方に伝わる民話で「七夕女房」ということです。

    以前から知っていた七夕の話とくらべて、お話は別の物でしたが、仲の良い二人が天の川で離れ離れになる結末は、同じでした。

    恋人同士が離れるのも切ないですが、この本では子供とも離れてしまうので、とても悲しかったです。

    投稿日:2011/07/07

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「たなばたむかし」のみんなの声を見る

「たなばたむかし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット