新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる

サルくんとバナナのゆうえんち」 めむたんさんの声

サルくんとバナナのゆうえんち 作:谷口 智則
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2014年11月
ISBN:9784799901083
評価スコア 4.47
評価ランキング 9,483
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く
  • 心優しい物語

    主人公のサルくんは、いつもひとりぼっち。
    毎日散歩に出かけてバナナを食べるけれど、ひとりぼっちだから楽しくありませんでした。

    そんなある日、バナナの皮に滑って、穴の中に落ちてしまいました。
    すると、モグラが出てきて言ったのです。
    「バナナバイクで たのしいところに つれていってあげるよ。 でも のるには きみのもっている バナナが 1ぽん ひつようだ」

    バナナを渡して行った先には「バナナのゆうえんち」があって、どのアトラクションでもバナナを1本渡さないと乗れませんでした。
    そうして色々なアトラクションで遊びながら、サルくんは、あることに気付きました。

    それは、ウサギさんが常に一人でいるということでした。



    いつもひとりぼっちのサルくんは、他の人のひとりぼっちに敏感だったのでしょう。
    だからウサギさんの寂しさが自分のことのように感じられて、何とかしてあげたいと思ったのかもしれません。

    おかげさまで二人は困難を乗り越えて、友だちになります。

    バナナから始まってバナナで終わる、心優しい物語。

    寂しい気持ちを抱えている全ての人に、読んでもらいたい1冊です。

    投稿日:2021/01/12

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「サルくんとバナナのゆうえんち」のみんなの声を見る

「サルくんとバナナのゆうえんち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / よるくま / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / うずらちゃんのかくれんぼ / どうぞのいす / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット