まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ちいさな曲芸師 バーナビー」 あんれいさんの声

ちいさな曲芸師 バーナビー 作・絵:バーバラ・クーニー
訳:末盛千枝子
出版社:すえもりブックス
本体価格:\2,000+税
発行日:2006年06月
ISBN:9784915777370
評価スコア 4.45
評価ランキング 9,038
みんなの声 総数 10
「ちいさな曲芸師 バーナビー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 信仰とは

    バーバラ・クーニーさんの絵本が大好きで、こちらでこの本のことを知り、さっそく入手しました。
    何百年ものあいだフランスで語り継がれてきた「聖母マリアの曲芸師」というお話を、バーバラ・クーニーさんが新たに絵を付けて新しい解釈のもとに書いた絵本ということです。

    絵本の中には、中世の空気が流れています。
    街並みも、お城も、修道院も、中世の石造りの建物です。
    そして、お話の中を貫くのは、敬虔なキリスト教徒の教え。

    以前フランスに住んでいたとき、このお話に出てくるような修道院をいくつも見ました。決してきらびやかではない、質素・堅実な雰囲気のがっしりした建物たち。
    そのときに感じた気持ちを、この絵本をみて思い出しました。

    バーナビーの神様への祈りはいっぷう変わっていました。
    でも、形は違えど神様を心から信じ敬う気持ちは、他の修道士たちと一緒なんですよね。
    信仰とは形ではなく、心なんだということですね。

    宗教を持たない日本人にはなかなかぴんとこないお話かもしれません。
    でも、いろんなことを感じ取ることができる絵本だと思います。
    絵本という形ですけれど、これは大人向きですね。

    投稿日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ちいさな曲芸師 バーナビー」のみんなの声を見る

「ちいさな曲芸師 バーナビー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット