あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくものの試し読みができます!
作: 大久保 雨咲 絵: 相野谷 由起  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
こころがふっとかるくなる あたたかいおはなし

はらぺこライオン」 てんぐざるさんの声

はらぺこライオン 作:ギタ・ウルフ
絵:インドラプラミット・ロ
訳:酒井公子
出版社:アートン
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年11月
ISBN:9784861930218
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,861
みんなの声 総数 6
「はらぺこライオン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • よく考えれば絶対におかしいだろう?(笑)

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    インドに伝わる民話をモチーフにかかれた創作ではないかと思います。
    展開は民話風ですが、あまりにも近代的な街の表現が多いので、かなり「現代」に近い時代設定にしているようです。

    インドの民話は昔話にはライオンやゾウがよく登場します。
    このお話の主人公もちょっと頭の弱いばかされやすいライオンです。
    それぞれの草食動物たちが、ライオンに食べられまいと、「よく考えれば絶対におかしいだろう(笑)」というやり方で切り抜けるところが見ものです。

    役者の後書きを読むと、この作品の絵の手法についてもインドラプラミット・ロイという画家(この作品の挿絵担当)のことを紹介してくれています。
    こういう作品は役者とが気に、お話にまつわる秘話を書いてくれていることが多いので、最後まで全部読むことをお勧めします。

    版画っぽい画風ですが、色も線も見やすく、遠目も利きそうです。
    ストーリーも繰り返しが多くわかりやすいので、小学校の2,3年くらいからの読み聞かせにもお勧めです。

    投稿日:2015/09/05

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「はらぺこライオン」のみんなの声を見る

「はらぺこライオン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット