話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

桂三枝の落語絵本シリーズ(6) カラス」 にぎりすしさんの声

桂三枝の落語絵本シリーズ(6) カラス 作:桂三枝
絵:黒田 征太郎
出版社:アートン
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年06月
ISBN:9784861930362
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,997
みんなの声 総数 4
「桂三枝の落語絵本シリーズ(6) カラス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • おちが なっとく なっとく

    さすがに 落語家の三枝さんのはなしは、おもしろく、おちに納得しました。

    わるさばかりして 村にいられなくなった吾一郎。お父さんの、吾助さんは、「バカな子ほどカワイイいうやないか」
    心配しているけれど連絡がない!
    ある日 近所の 息子が、交通事故で死んだ。
    「人間のいのちというのは、わからんもんじゃなぁ」

    カラスの世界でも、こんなことがあったんです。
    カラスの、カーイチ郎もどってこんかなぁとおもて」
    近所のカラスの、
    カー吉の息子 カー太郎が死んだ。
    親よりはよ死ぬより、「元気でいるほうが親孝行やで」
    カラスたちは、こんな話をしていた。
    人間て、智恵のある生き物やねんで、
    そやけど、「人間どうしで、きずつけおうたりして、アホなやつらや」

    ほんとに カラスに言われてしまったなあ〜
    そうおもいました。

    一方 あの 吾一郎は、どこに住んでいたか。
    親に頼らず、美香と一緒に、お店を始めてがんばって生きていた。
    お金貯めて、両親や、兄弟を 旅行につれてあげようと
    がんばっていた。
    「親に頼らず、自分たちで、がんばってきてよかったやない。」
    「おれ、小さいとき カラスというあだ名やったんや!」
    奥さんの美香さんもえらい、「カラスて、バイタリティーがあるねんで。 一生懸命生きているんや。
    わたしらもがんばろう」
    こんなに素直に生きている、吾一郎夫婦にも、感動します。

    そして
    おちの 「人もカラスも見かけだけで 判断しないようにしよう。」
    なっとく なっとく
    いい話やったなあーと、思いました。

    投稿日:2006/08/21

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「桂三枝の落語絵本シリーズ(6) カラス」のみんなの声を見る

「桂三枝の落語絵本シリーズ(6) カラス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はれときどきぶた』40周年おめでとう!<br>作者・矢玉四郎さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット