こくん こくん
作: 村中 李衣 絵: 石川 えりこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「だいじょうぶ、きっとできる」ともだちとの心の響きあいを描いた絵本

プリンセス・リリー」 YUKKOさんの声

プリンセス・リリー 作:ブルクハルト・ヌッペナイ
絵:モニカ・フィンスターブッシュ
訳:栗栖 カイ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,650+税
発行日:2004年
ISBN:9784893093356
評価スコア 3.33
評価ランキング 43,862
みんなの声 総数 5
「プリンセス・リリー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • ちょっとした仕掛け?満載

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子8歳、女の子6歳、女の子3歳

    娘が図書館で自分で選んだ絵本です。
    しかけ絵本ではないのですが、表紙の鏡のイラスト部分に
    銀色の反射シートを貼って鏡のようになっていたり
    至るところにラメ糊のようなものが塗られてキラキラ光っていたり、
    そして読み終わった後の中表紙にはミツバチ君が封筒を持っていて
    その中に小さな舞踏会の招待状が入っていたり。
    背表紙のメッセージを読むと、購入者には本物のティアラまで
    ついてくるようです。作者の遊び心満載の絵本です。
    ドイツの方の作品ですが、イラストが好みでなかったのが残念!

    憧れていた舞踏会に招待されたリリー。
    でも彼女が着ていこうと思った服は「案山子みたい」と非難され、
    リリーは泣き出してしまいます。
    それを見て、普段 お世話になっている森の動物達が取った行動とは…?
    誰かが困っている時に、その人に助けられたことのある誰かが
    窮地を救ってあげる。ありがちな教訓絵本のように思えてしまいました。

    投稿日:2006/06/27

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「プリンセス・リリー」のみんなの声を見る

「プリンセス・リリー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / くまのコールテンくん / 3びきのかわいいオオカミ / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • えんそく
    えんそくの試し読みができます!
    えんそく
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    楽しみにしていた秋のいもほり遠足に行けなくなり落ち込むコンタに、友だちがしてくれたこととは……? 


『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット