宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

りゆうがあります」 じっこさんの声

りゆうがあります 作:ヨシタケシンスケ
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2015年03月06日
ISBN:9784569784601
評価スコア 4.46
評価ランキング 8,971
みんなの声 総数 80
  • この絵本のレビューを書く
  • なるほど〜

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子4歳

    子どもがもう少し大きくなったら、自分で読ませてみたいと思います。その方が楽しいかなと思うので。
    子どもはこの本をどういう風に消化するのだろうか。大人の私は、あるあるってうなずきながら読みました。
    そうなんですよね。なくて七癖というように、大人にも癖っていっぱいあるんです。そのくせ、子どもにはちょっとした癖についてもガミガミ。小さい子はいいわけも出来ないからかわいそうだよね。いいわけされるとイライラすることもあるけど、子どもならではの可愛いいいわけにほっこりすることもありますよね。こんな小さな頭で、いろんなこと考えられるんだなと感心したり、ちょっと前まで泣くことしか出来なかった赤ちゃんだったのに、いいわけとか出来るんだと感動したり。
    この絵本のように、子どもの頭の中が、絵で見られたらおもしろいのに!

    投稿日:2015/10/16

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「りゆうがあります」のみんなの声を見る

「りゆうがあります」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おこだでませんように / わにさんどきっ はいしゃさんどきっ / よるくま / もったいないばあさん / バムとケロのさむいあさ / バムとケロのそらのたび / キャベツくん / なにをたべてきたの?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本レビュー大賞、結果発表です!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット