話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
この まちの どこかに

この まちの どこかに(評論社)

2019年ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞受賞作!

  • ギフト
  • その他

そらをとんだ本」 ジュンイチさんの声

そらをとんだ本 作:ピエール・ロリ
絵:レべッカ・ドートゥルメール
訳:中井 珠子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2005年09月
ISBN:9784062626071
評価スコア 4.2
評価ランキング 21,014
みんなの声 総数 9
「そらをとんだ本」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 本に意志を与える発想が良い

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2003年のフランスの作品です。
    最初にある作者の言葉が秀逸。
    「本は窓に似ています。
    本を開くと 心の窓が開いて、
    知らない世界に飛び出せます」

    本は、私達を知らない世界へと誘ってくれます。
    ただ、それは、私達が本の世界に飛び込んでこそ。
    本には意志がなく、自らが門戸を開く訳ではないのです。

    この絵本は、その本が意志を持っているという話。
    物語は、主人公の女の子のマリオンのかばんから、本が落ちるシーンから始まります。
    本の表紙には、きらきら光る太陽が描かれていたのですが、光るものが好きなカササギが、巣に持って帰るのです。
    巣に持ち帰ると、4羽の雛が餌と思って突付くのですが、本は
    「痛いよう!」と叫びます。
    そして、本は雛に本を読んであげるのです。(イカロス少年の物語)
    その内容に合わせるように、意志を持つ本は飛び立つのですが、雛にも飛び立つよう促し、物語は大きく展開します。

    本が意志を持つという発想は、なかなかのもの。
    ただ、身近な存在の本が意志を持つと、こんなに凄いことになる位の展開を期待したのですが、ちょっと肩透かしを喰らった感じです。
    絵は、最初は暗めだったのですが、後半は実に色鮮やかな絵となり、好感が持てるものだと思います。
    また、本から文字が零れ落ちるといった小技も随所にあり、見るだけでも楽しめました。

    本に意志を与えるという点で、ちょっと半端な感が否めなかったので、厳しい評価となりました。

    投稿日:2011/08/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「そらをとんだ本」のみんなの声を見る

「そらをとんだ本」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / くだもの / はじめてのおつかい / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット