宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おんなのしろいあし」 レイラさんの声

おんなのしろいあし 作:岩井 志麻子
絵:寺門孝之
編:東 雅夫(編)
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2014年08月
ISBN:9784265079575
評価スコア 4.14
評価ランキング 21,344
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く
  • オバケに怒ってやった

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    怪談えほん7。
    もう題名からホラーが立ち上ってきます。
    オバケも怖くない、と豪語する、小学生男子が主人公。
    もちろん、一人で暗い倉庫に入って、ぼーっと立つ女の白い足に対峙しても、
    つまらない、と怒ってやるくらいなんですからね。
    でもね、それがいけなかったのか、
    帰り道、異界へ迷い込み、再会してしまうのですね。
    今度は音声付きだからでしょうか、二度目というのに、恐怖が増幅しています。
    そして、身体にまとわりつくようなラストが、不気味です。

    投稿日:2016/02/10

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おんなのしろいあし」のみんなの声を見る

「おんなのしろいあし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ / はらぺこあおむし / からすのパンやさん / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本レビュー大賞、結果発表です!

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 6

全ページためしよみ
年齢別絵本セット