まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ふくしまからきた子 そつぎょう」 夏の雨さんの声

ふくしまからきた子 そつぎょう 作:松本 猛 松本 春野
絵:松本 春野
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2015年02月25日
ISBN:9784265081400
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,843
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く
  • この子たちの輪のなかへ

     うかつでした。
     この絵本が2015年に刊行されたのに気がつきませんでした。
     この絵本の前作にあたる『ふくしまからきた子』が出たのは原発事故から1年が経った2012年春でした。
     そこでは原発事故をきっかけに母の故郷である広島に越してきたまやという少女と、広島で生まれただいじゅという少年の交流を通して、放射能の問題についてやさしく描かれていきます。
     ヒロシマとフクシマ。いいえ、広島と福島。
     60年以上の時を隔てながらも、くっきりと交叉する街。

     そして、この作品から3年後、まやは久しぶりに福島に戻って、通っていた小学校にやってきます。
     そこではかつての友達の卒業式が行われていました。
     その様子を遠くから見ている、まや。
     原発事故がなければ、友達はちりぢりになることもなかったでしょう。
     楽しい思い出を共有できたでしょう。
     でも、そうではありません。

     そんな「ふくしまからきた子」たちが今だに避難先でいじめにあっているという暗いニュースがまだあります。
     もし、そんないじわるをしている人がいたら、どうかこの『ふくしまからきた子』の2冊を読んでみてほしいと思います。

     小学校の卒業式からそっと立ち去ろうとする、まや。
     そんなまやを見つけるふくしまの子たち。
     その子たちの輪に、大きな拍手をおくりたい。

     この作品も松本春野さんの絵がいい。いわさきちひろの血が続いています。

    投稿日:2017/03/19

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ふくしまからきた子 そつぎょう」のみんなの声を見る

「ふくしまからきた子 そつぎょう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / からすのパンやさん / だるまさんが / バムとケロのおかいもの / くれよんのくろくん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 1
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット