宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おつきさまはいちねんせい」 ぴょーん爺さんの声

おつきさまはいちねんせい 文:きたやまようこ
絵:アンドレ・ダーハン
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2014年03月
ISBN:9784061325708
評価スコア 4.4
評価ランキング 9,731
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • 学校に行きたくなってよかったです

    新一年生になって学校に行くのが楽しみだったのですが、自己紹介の時に、お月様じゃないと疑われて学校に行くのが嫌になってしまったお月様でした。でも、日直だったことを思い出して、日直の仕事の黒板拭きは、お月様の得意なことだったので、みんなが来る前に黒板をぴかぴかにして、みんなからお月様だと信じてもらえてうれしくなりました。お友達も出来て、学校にいくのが生きがいになってよかったです。

    投稿日:2018/09/14

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おつきさまはいちねんせい」のみんなの声を見る

「おつきさまはいちねんせい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お子さんやお孫さんと話をしながら読みたい、心やすらぐ絵本

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット