虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

メルローズとクロック ともだちって いいな」 西の魔女さんの声

メルローズとクロック ともだちって いいな 作・絵:エマ・チチェスター・クラーク
訳:たなかまや
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年06月
ISBN:9784566008410
評価スコア 4.4
評価ランキング 10,596
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く
  • 何でも話せる友達っていいな。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    小さいワニのクロックと 犬のメルローズは 大親友。
    自分の気持ちを しっかりと言葉にして相手に伝えます。
    「うらやましいこと。」「こうして欲しいと思うこと。」
    「頼りにしているということ。」…などなど。
    何でも話せる関係って良いですね。
    話していくうちに クロックは「自分がメルローズみたいだったらいいなあ。」と言います。
    するとメルローズが 
    「君が僕みたいだったら 君は君でなくなっちゃう。
    君は世界でたった一匹しかいないんだよ!」と言うのです。
    そして自分達は「それぞれが世界でたった一匹の特別な存在だ」という事と
    「今のままの君が好きだ。」という事に気がつくのです。

    自分という存在は いくら探しても 自分以外にどこにも居ないという事を改めて思いました。
    みんな違うんですよね。
    だから 「お互い」を認め合って行くことが 友情を深めることにつながるのでしょうね。
    もちろんそれには 「言葉」がとっても大切なアイテム☆
    子供達には 相手を思いやる言葉が 自然と話せるような大人になって欲しいなぁ…と思いました。

    投稿日:2006/07/24

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「メルローズとクロック ともだちって いいな」のみんなの声を見る

「メルローズとクロック ともだちって いいな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



こんにちは!世界の児童文学&絵本

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット