新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

こそだてゆうれい」 にぎりすしさんの声

こそだてゆうれい 作:さねとうあきら
絵:井上 洋介
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:1996年
ISBN:9784876925582
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,942
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く
  • 母親の愛の深さに感動します

    むかし、 あめやがありました。 このみせのじまんの くろあめは ひとつぶ しゃぶっただけで いのちが 1ねんのびると うわさされていました。
    こんなはじまりのお話です

    さねとうさんの ことばが きれいで 擬音がおもしろくて 
    井上ようすけさんの絵が 怖〜い暗い雰囲気です

    飴を買いに来る女の人とあめやの主人の会話が、いいのです
    七晩つづけて 雨の日も 風が吹いても買いに来る女の人
    あるときお金が亡くなったのですが あめやさんはあげるのです
    この優しさ 人情とはこういうものでしょうか
    ところが この女の人がどこへ帰るのか 後をつけたのです
    このあたりから 怖くなるのです

    そして この女の人は お墓の下で赤ん坊にあめを食べさせていたのです
    母親の子供への愛情の深さに 涙がでてきそうなお話です・・・

    赤ん坊はいきていて、お寺の和尚様に育てられたと有ります。ハッピーエンドでよかった!
    怖〜いお話ですが、惹かれるおはなしでした(怖いお話、してと学童の子供たちからリクエストされることがあるのです。) 

    今度 語りで 「こそだてゆうれいを」をして下さるのですが
    語りで聞くともっと 想像して 深く心に響くようにおもえます
    楽しみです!(わたしも 覚えて語りたいお話です)

    投稿日:2012/02/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「こそだてゆうれい」のみんなの声を見る

「こそだてゆうれい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / うさぎのくれたバレエシュ−ズ / にんきもののねがい / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。


堀内誠一さん生誕90周年連載 50年の時を超えた合作・谷川俊太郎×堀内誠一『ちちんぷいぷい』

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット