新刊
かぞえるえほん おやすみわんちゃん

かぞえるえほん おやすみわんちゃん(偕成社)

みんなでいっしょに数えてかわいい、おやすみ前のわんちゃんの絵本。

  • かわいい
  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

大どろぼうホッツェンプロッツ」 金のりんごさんの声

大どろぼうホッツェンプロッツ 作:プロイスラー
訳:中村 浩三
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,100
発行日:1966年06月
ISBN:9784036082506
評価スコア 4.83
評価ランキング 157
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く
  • 大・大・大好き!

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子6歳

    私が子どもの頃、大大大好きだった本で、娘も2年生の時にハマリました。
    そして、この夏、読書感想文を書くために長男がとうとう読みました。
    結論から言うと、学者タイプの長男には、「面白い!大好き!」というところまで行かなかったようですが、娘と長男と私とで共通の話題が一つ増えて、私としては大満足です。

    この本の醍醐味は、なんといっても、大人では考えられないような馬鹿馬鹿しい設定がてんこ盛りなところです。
    コーヒーひきを盗む泥棒とか、帽子を取り替えるだけで変装が成立するとか、じゃがいもの皮むきだけが魔法で出来ない大魔法使いとか、もう嬉しくなってしまうほどなのです。
    絵もこの絵以外は考えられないくらいこのお話にマッチしています。
    私は子どもの頃、大魔法使いの目印の帽子がとても怖かったのを覚えています。
    作者プロイスラーの遊び心が、随所に散りばめられていて、ここまで大人の視点を捨てることができるなんて、もう本当に物凄い作家だと唸ってしまうほどです。

    ☆5つでは足りないくらい。
    40年近くたっても、面白さがまったく変わらない児童書の大傑作です。

    投稿日:2006/09/19

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「大どろぼうホッツェンプロッツ」のみんなの声を見る

「大どろぼうホッツェンプロッツ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / エルマーのぼうけん / ルドルフとイッパイアッテナ / ちいさなあなたへ / 100かいだてのいえ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもの感性を育み、こころに残る絵本児童書8選 レビューコンテスト<西日本ファミリー読書>

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット