アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

くもんの はじめてのおけいこ」 もぐもぐもぐもぐさんの声

くもんの はじめてのおけいこ 出版社:くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
本体価格:\660+税
発行日:2014年10月
ISBN:9784774323015
評価スコア 4.43
評価ランキング 9,627
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く
  • はじめてにぴったり 受賞レビュー

    二歳くらいからお兄ちゃんの真似をして、お勉強したいという気持ちがつよくなります。鉛筆もドリルもどれも、かっこいいな、と見えてくるんですよね。でも何をどうすればいいのか、どう始めたらいいのか、と思ったら、このくもんシリーズがぴったりです。おけいこ、っていう名前はついているけれど、中はカラフルで、とってもおもしろい。その絵を見ているだけでもわくわくします。そして、最初は線を引く、というより、道路を歩きます、とか、迷路のようにここを歩いていこう、と声をかけながら、真っすぐや曲がる線を書かせます。単調なものだと飽きてくる子供も毎回絵が変わるので楽しい。全く飽きずにどんどん進めていきます。できたよシールが嬉しくて、続けることができます。一度やっても、次はクレヨン、次はサインペン、同じところを何度も書き込めるのもいいと思います。
    一番嬉しいのは子ども本人のやる気が続く、ということ。一緒に見ている私も今日はどんな迷路かなーと楽しみになっちゃって、親も飽きません。

    今小学二年生の兄、5歳の兄につづいて、2歳の娘も、同じように、くもんのおけいこブックで、楽しんで字を書く、線を引くことを続けています!
    この楽しいという習慣は、小学生になっても続きます。座って机に向かって集中できるお兄ちゃんを見ると、幼少期から始めた、親子でおけいこ、のおかげかもしれませんね!本当に親も一緒に楽しむつもりで、はじめたらいいとおもいます!

    投稿日:2017/08/30

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「くもんの はじめてのおけいこ」のみんなの声を見る

「くもんの はじめてのおけいこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / 100万回生きたねこ / あおくんときいろちゃん / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット