たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

よあけまで」 てんぐざるさんの声

よあけまで 作:曹 文軒
絵:和歌山 静子
訳:中 由美子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年
ISBN:9784494008940
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,573
みんなの声 総数 6
「よあけまで」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • たくさんのわらべ歌を歌ってくれた「ばあ」。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    作者紹介を見ると、この方は中国で児童文学のリーダー的存在だそうです。
    お話は大切な家族で、子どもたちの保護者である《ばあの死》をあつかっています。
    中国は広いので、国内でもいろいろな葬式のパターンがあると思いますが、この地域では、一晩家族がそばについてお弔いをするようです。

    この絵本を読んで、すごいなぁと思ったのは、亡くなったばあが孫たちにわらべ歌をいっぱい教えてくれた。というくだりです。
    こういうところはやっぱり同じアジアの民族性なのでしょうか。
    日本でも一昔前まではおばあちゃんやおじいちゃんが子どもたちにわらべ歌や子守歌、昔話などを聞かせてくれたものです。
    (わたしのおばあちゃんは、あまり歌はうたってくれた記憶はありませんが、昔話は聞きました。)

    和歌山静子さんの絵が、とっても物語に合っていました。特にごつごつした畑仕事をして働いているなと、一目でわかるばあの雰囲気は素敵でした。

    「死」を扱う作品は子どもたちに薦めるとき、とても難しいですが、
    この絵本には怖いもの・悲しいものだけでない何か、残された遺族たちの「送る気持ち」も大切に描かれています。
    感情が多感な子さんや怖がりのお子さんに、あまり小さいうちにお薦めするのはどうかと思いますが、
    小学校2,3年生くらいからなら逆に読んであげたいなぁと、思いました。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「よあけまで」のみんなの声を見る

「よあけまで」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。


飛行屋のマーカスが大活躍!ワクワクドキドキの冒険

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット