くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

よあけまで」 ヒラP21さんの声

よあけまで 作:曹 文軒
絵:和歌山 静子
訳:中 由美子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年
ISBN:9784494008940
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,729
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く
  • おばあちゃんのお通夜に

    お通夜を題材にした絵本は、子どもには強すぎるのではないかと思いながら、読み終えたら、祖母の死を受け入れたターヤとシャオヤの健気さに感情移入していました。
    祖母と二人だけの生活という設定には、両親不在の重さと、親のようにして自分たちを育ててくれたことへの感謝が盛り込まれています。
    悲しみを受けとめるのはこれから。
    おばあちゃんを送る最後の夜は、いろんな事を思い出して、亡骸と優しく寄り添うことでしょう。
    通夜の夜が、見事にまとめられていて、安らぎさえ感じさせる絵本でした。

    掲載日:2015/10/09

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「よあけまで」のみんなの声を見る

「よあけまで」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】木村カエラはじめての絵本出版記念連載B

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット