新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

赤の他人だったら、どんなによかったか。」 みちんさんさんの声

赤の他人だったら、どんなによかったか。 著:吉野万理子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2015年06月29日
ISBN:9784062195317
評価スコア 3.5
評価ランキング 48,048
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 他人とは

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    通り魔事件の犯人の遠い親戚の風雅。そして犯人の娘の聡子。各々を主人公にしたお話です。
    他人とは 血のつながりとは と、考えさせるお話でした。
    聡子はもといた学校から風雅の学校に転校してきますが、転校先でも事件のことはバレていて…。
    でも味方が大人にも子供にも案外多くて良かったと思えました。
    相談すること、逃げ道をつくること、世界はつながっていること…それを知っていることって大切ですよね。

    投稿日:2015/09/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「赤の他人だったら、どんなによかったか。」のみんなの声を見る

「赤の他人だったら、どんなによかったか。」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット