宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

もう ぬげない」 トムの庭さんの声

もう ぬげない 作:ヨシタケシンスケ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\980+税
発行日:2015年10月
ISBN:9784893096098
評価スコア 4.84
評価ランキング 101
みんなの声 総数 43
  • この絵本のレビューを書く
  • 息子と久々に大爆笑しました。

    • トムの庭さん
    • 40代
    • ママ
    • 青森県
    • 男の子18歳、男の子15歳、女の子12歳、男の子5歳

    ふくがひっかかってぬげなくなって
    もうどれくらいたったのかしら・・・

    お腹を出した子どもの絵がおかしくて、
    思わず手に取った一冊。

    お腹出したまんまでも、
    大丈夫かも知れない。
    うっすら前も見えるし。
    のどが渇いたって、
    ねこにくすぐられたって、
    同じような子がいるかもしれないし。
    でも、やっぱりおなかが寒くなってきた。
    お母さんに頼んでぬごうかな。
    でも、やっぱり自分で脱ぐんだ!
    ああ、やっぱり脱げない。
    もしかしたら、先にズボンを脱いじゃえばいいのかもしれない・・・
    予想どうりなのか、予想以上なのか、

    衝撃的な姿に、
    そこから先は、おかしすぎて、しばらく絵本を読めませんでした。
    寝る前に一緒に読んで、大笑いした一冊です。

    投稿日:2015/11/13

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「もう ぬげない」のみんなの声を見る

「もう ぬげない」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい / どうぞのいす / めっきらもっきらどおんどん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.84)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット