宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

からすのパンやさん」 ひかりひまわにさんの声

からすのパンやさん 作:かこ さとし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1973年09月
ISBN:9784032060706
評価スコア 4.8
評価ランキング 278
みんなの声 総数 459
  • この絵本のレビューを書く
  • みんなだいすき!

    あ、からすのパンやさんだ!
    娘が生まれ絵本を見るようになり、初めてなつかしさのあまり手にとった1冊。それがからすのパンやさんです。
    思い出すのがなぜか黒白赤黄色のオムツをしている赤ちゃんからす。
    画面いっぱいのいろいろパン。そしてかんちがいして集まったからすからすからす!!読んでみるとぜんぜん忘れていないのです。 

     四つ子が生まれ店もうちの中もてんやわんや
      〜うん、うん、大変なんだよね、この時期
     で、子供達が手伝うよ!と、一念発起
    〜そうそう、あなたたちも見習ってね
     そして勘違いがかんちがいを呼び大フィーバー
      〜いるいる、こんな人あんな人、でもこうやってうまくまとめてい   くんだよ

    私が子供達に読み、そして子供達が妹に読んであげる、
    そして本を見ながらパンを作る。そしてこんなパン屋さんになりたいと夢をみる。
    最近の私への誕生日プレゼントは毎年娘達手作りのカラスのパンやさんに負けず劣らずのパンのメッセージカードです。
    娘たち、また自分の子供にも今を思い出しこの絵本を読んであげてね。

    投稿日:2013/06/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「からすのパンやさん」のみんなの声を見る

「からすのパンやさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / よるくま / バムとケロのもりのこや

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『100円たんけん』<br>岡本よしろうさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット