あかちゃん研究からうまれた絵本 かお かお ばあ あかちゃん研究からうまれた絵本 かお かお ばあ あかちゃん研究からうまれた絵本 かお かお ばあの試し読みができます!
作: 山口 真美 実験監修: 金沢 創 絵: ミスミヨシコ  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
0歳0ヶ月から読める、あかちゃんのための絵本。あかちゃんとお母さんの反応を実験して作られました。

わいわいきのこのおいわいかい きのこ解説つき」 アダム&デヴさんの声

わいわいきのこのおいわいかい きのこ解説つき 挿絵:タチヤーナ・マーヴリナ
文:レーマ・ペトルシャーンスカヤ
翻訳:まきのはら ようこ
出版社:カランダーシ出版
本体価格:\1,500+税
発行日:2015年11月02日
ISBN:9784990703219
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,892
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く
  • わぁ〜、きのこがいっぱい!と、所見の感想。
    あらあら、こんな可愛い表情をして〜♪と、絵を楽しみもう一回。
    巻末の〈きのこはかせのかいせつ〉を読んでからもう一回。
    そして、最後にもう一回。
    丁寧に読みました。

    マーヴリナさんの絵には、本当に妥協がないと思いました。

    「おたんじょうのおいわいのひ」は、「名の日のおいわいのひ」だそうです。
    ロシアには、自分の名前を守護聖人にちなんでつけた場合、その守護聖人の記念日を「名の日」としてお祝いする習わしがあるそうです。

    お話は、むかしむかし森の中、木の根元にヤマドリダケのおじいさんが住んでいました。
    ある時、孫のナラタケたちに「今日は、わしのたんじょうのおいわいのひ」だから、おきゃくさんをよん来てくれと頼みます。

    トウヒの林・シラカバの林・ポプラの林から、やってくるきのこたちが、それぞれお祝いの品を用意してやって来ます。
    どのきのこも、虫たちも可愛らしく描かれています。
    蚊がバイオリンを弾く様子には笑ってしまいました。

    宴もたけなわというところで現れた招かれざるお客が、・・・・・・。

    この作品を通して、茸博士さんが誕生するかもしれませんね。

    投稿日:2016/01/27

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「わいわいきのこのおいわいかい きのこ解説つき」のみんなの声を見る

「わいわいきのこのおいわいかい きのこ解説つき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / ひとりぼっちの ちいさなエルフ / ロシア民話 うさぎのいえ / こんとあき / ロンパーちゃんとふうせん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット