新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

小学館ジュニア文庫 世界からボクが消えたなら」 どんぐりぼうやさんの声

小学館ジュニア文庫 世界からボクが消えたなら 著:涌井 学
原作:川村 元気
監:世界から猫が消えたなら製作委員会
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
税込価格:\715
発行日:2016年03月16日
ISBN:9784092308619
評価スコア 3
評価ランキング 51,504
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • レタス先輩の言葉が素晴らしい

    原作「世界から猫が消えたなら」を元に書かれた本。原作では主人公の飼い猫として登場している猫が、こちらの本では主役。つまり、飼い猫である「キャベツ」の視点で書かれた本になります。原作も映画も観ていない状態で、これを読みました。

    悪魔が出てきて、飼い主に余命宣告をするのですが、なんだか「デスノート」っぽい?と思ってしまいました。原作を読んでいないので比べられないのですが、全体的に猫の気持ちを後からとって付けたような流れになっている印象は拭えませんでした。

    命を1日伸ばすために、身近なものが悪魔との取引によってひとつ、また一つと消えていきます。今度は猫が消えてしまう!となった時の展開が一番良かったです。飼い主の心情、キャベツの心情、先輩の飼い猫、レタス先輩の言葉になるほどと思ったり、ちょっと感動したり。けれども、その他の展開は、なんとなく想像がついたこともあり淡々とした感じでした。原作や映画を観た後だったら、また違った視点で読めたのかもしれません。まずは原作や映画を観てからこちらを読むことをお勧めします。

    投稿日:2018/12/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「小学館ジュニア文庫 世界からボクが消えたなら」のみんなの声を見る

「小学館ジュニア文庫 世界からボクが消えたなら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット