宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

すききらいとんでいけ!もぐもぐマシーン」 まりももよさんの声

すききらいとんでいけ!もぐもぐマシーン 作:イローナ・ラメルティンク
絵:リュシー・ジョルジェ
訳:野坂 悦子
出版社:西村書店 西村書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2016年02月12日
ISBN:9784890139606
評価スコア 4.52
評価ランキング 6,003
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く
  • 5歳の娘は、レナとは正反対で食べ物の好き嫌いがないんです〜。

    でも、このお話にはすっごい興味津々!
    「にんじん食べると、うさぎさんやお馬さんになれるよ〜」と
    読みながら、レナにアドバイスしています。笑

    もぐもぐマシーンが登場するシーンは、
    特に目をキラキラさせて楽しんでいますよ♪

    私がもぐもぐマシーンになりきって、
    娘の口にスプーンをパクっ☆

    原始人ごっこも楽しみました〜!!

    子どもが、すぐに絵本の世界に入り込める
    魅力的なストーリーですね。

    最後のページには、食べ物の好き嫌いをなくすアドバイスも
    載っています。娘がいろいろな野菜が好きなのは、
    農園に行って一緒に収穫を楽しんでいるからのようです♪

    投稿日:2016/05/20

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「すききらいとんでいけ!もぐもぐマシーン」のみんなの声を見る

「すききらいとんでいけ!もぐもぐマシーン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / だるまさんが / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / としょかんライオン / チリとチリリ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット