話題
いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

いっしょにあそぼ しましまぐるぐる(学研)

クリスマスにピッタリ♪100万部突破記念キャンペーン実施中!公式サイトオープン!

  • かわいい
  • ギフト

ぼくのなかのほんとう」 Tamiさんの声

ぼくのなかのほんとう 作:パトリシア・マクラクラン
訳:若林千鶴
絵:たるいし まこ
出版社:リーブル リーブルの特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2016年02月24日
ISBN:9784947581839
評価スコア 4.05
評価ランキング 23,726
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く
  • 思春期の子どもの心に寄りそう本

    音楽を最優先する両親との関係に、まずは胸が苦しくなりました。
    愛犬やおばあちゃん、ヘンリー、エリーといった心を通わせる大人がいることで、ある程度の救いを感ることはできますが。

    ロバートの家は特殊な環境ではあるけれど、
    すべの子どもに、自分の努力で変えることのできない環境があり、
    それは、受け入れて、生きていかねばならない。
    どんな子どもにも100%完璧な環境などないわけで、
    思春期には、どんな小さなことも大きな不満となることもある。

    私自身もそういう思いがあり、
    この本を読みながら、身につまされてしまいました。
    親の愛情を100%実感できることがない子ども時代でした。
    でも、他人を変えることはできない。
    自分自身が変わらないと生きてはいけないのです。
    不満を自分自身で消化できる人間にならないといけないのです。

    決して楽しいだけの本ではない。
    でも、思春期の子どもの心に寄りそう本であると感じました。

    投稿日:2017/05/10

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくのなかのほんとう」のみんなの声を見る

「ぼくのなかのほんとう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / うずらちゃんのかくれんぼ / どうぞのいす / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



今月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.05)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット