宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

いちばん しあわせな おくりもの」 ランコタママさんの声

いちばん しあわせな おくりもの 作・絵:宮野 聡子
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2016年04月09日
ISBN:9784774620619
評価スコア 4.76
評価ランキング 687
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く
  • 考えてしまいました

    • ランコタママさん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 岩手県
    • 男の子11歳、女の子10歳、男の子9歳、女の子7歳

    とてもとてもあたりまえだけれど、家族でもなかなかこんな幸せを共有できない現代ですよね。
    刺激的で楽しいことがいっぱい溢れている世の中。
    でも、心が満たされないからか、もっともっとと楽しいこと、刹那の満足を求めてしまう。
    頑張ったご褒美がお父さんやお母さんの笑顔とハグで満足できる期間はとても短いような気がします。
    寂しい、悲しいことですが、頑張った孫に報いるのに欲しい物を与えることでしか気持ちが伝わらない、と思うことがあります。
    そんな時、一緒にこの本を読んだらどう受け止めてくれるかな。
    それともやはり「ぼくはこれでは納得できない」と思うのかな。
    いまどきの孫と接するばあちゃんは考えてしまいます。

    投稿日:2018/01/23

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「いちばん しあわせな おくりもの」のみんなの声を見る

「いちばん しあわせな おくりもの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ノンタンはみがきはーみー / Chocolat Book(5) ショコラちゃんのレストラン / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / レモンちゃん  / どうぞのいす / ちいさなあなたへ / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット