もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

山のごちそう どんぐりの木」 てんぐざるさんの声

山のごちそう どんぐりの木 作:ゆのきようこ
絵:川上 和生
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2005年
ISBN:9784652040348
評価スコア 4.79
評価ランキング 400
みんなの声 総数 18
「山のごちそう どんぐりの木」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • どんぐりが実をつける頃、読んでみたいです

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子13歳

    これはとっても素敵な作品を見つけてしまいました!
    子どもたちに自信を持ってお薦めできる自然科学の絵本となると、やはり今までは福音館の『かがくのとも』シリーズが多かったのですが、
    このゆきのようこさん(文)の「気になる日本の木」シリーズはどの作品もとても良質で、子どもたちに紹介したくなる内容でした。

    絵は川上和生さんで、どんぐりの木や葉を含め、登場する森の動物や虫たちの姿もとても生き生きとしていてよかったです。
    副題に「山のごちそう」とあるように、
    どんぐりの実のみならず、木や葉は
    そこに集まる虫や動物たちの格好のお食事どころとなっていることがとてもよくわかりました。
    1つ1つの情景や、どんなところがどういうふうに食べられて理うのかもわかり、興味を持ちました。
    ここに紹介されているどんぐりの実で作られている韓国のお豆腐もどき、食べてみたいですね〜。

    小学校の4年生くらいから、興味を持って聞けるんじゃないかと思います。秋、どんぐりが実をつける頃、子どもたちに読んでみたいです。

    投稿日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「山のごちそう どんぐりの木」のみんなの声を見る

「山のごちそう どんぐりの木」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / くだもの / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット