宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぺんぎんたいそう」 りひまるさんの声

ぺんぎんたいそう 作:齋藤 槙
出版社:福音館書店
本体価格:\800+税
発行日:2016年06月05日
ISBN:9784834082531
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,609
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く
  • 一緒に体操

    • りひまるさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子2歳

    この絵本とは関係無いのですが、
    「ペンギンのプール体操」という体操が好きで
    保育園でも家でもよく披露してくれていました。
    その姿が可愛いので、他にも何かないかなー?と
    思っていたとこら、あった、あった!
    この絵本も読みながら一緒に身体を動かして楽しそうにしてくれます。
    ママのお膝の上で読んでいてもジャンプの時は、
    立ち上がってピョンピョン。
    手足のパタパタも可愛く、不器用な動きがまさに
    ペンギンさんのようで、本当に可愛い。
    その姿がみたくて、ママの方が何度も読みたくなっちゃうのです。

    投稿日:2017/09/05

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぺんぎんたいそう」のみんなの声を見る

「ぺんぎんたいそう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / おおきなかぶ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おふろだいすき / なにをたべてきたの?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • みかんのひみつ
    みかんのひみつ
    作:鈴木 伸一 監修 絵:岩間史朗 写真 出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    冬の代表的な果物、みかん。みかんの実の特徴やなり方などを美しい写真で紹介します。


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット