あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくものの試し読みができます!
作: 大久保 雨咲 絵: 相野谷 由起  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
こころがふっとかるくなる あたたかいおはなし

どんくまさんは えきちょう」 ぷうさんのはちみつさんの声

どんくまさんは えきちょう 作:蔵冨千鶴子
絵:柿本 幸造
出版社:至光社 至光社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1972年
ISBN:9784783400523
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,535
みんなの声 総数 11
「どんくまさんは えきちょう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 冬に読みたい、どんくまさん

    初版が1972年。レトロな雰囲気の駅員室、そしてなんといっても電車ではなく機関車! 読んでいて、心地良い懐かしさを感じました。


    どんくまさん、決して軽い気持ちで駅長さんになったわけではないのですね。
    どんくまさんの機関車に対する熱い想い。そんな所もしっかり書かれていたので、いっそうどんくまさんに共感できたし、物語の中に私も入り込めました。


    今回とくに私が印象的だった柿本さんの絵は、
    ・お話の冒頭で、駅が空の上から見るようなアングルで書かれていた場面。
    ・どんくまさんの間近に迫りくる大きな機関車の場面。ちょっと怖いくらい迫力があります。


    お話ができて40年以上の歳月が経ちましたが、どんくまさん、あの駅でまだ駅長さんやっているのかな?きっとやっているんだろうなあって、そう思わせてくれるような、余韻あるラストが、また良かったです。

    投稿日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「どんくまさんは えきちょう」のみんなの声を見る

「どんくまさんは えきちょう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

からすのパンやさん / 14ひきのあさごはん / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / こんとあき / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その8

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット