しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ブーツをはいたキティのおはなし」 まゆみんみんさんの声

ブーツをはいたキティのおはなし 作:ビアトリクス・ポター
絵:クェンティン・ブレイク
訳:松岡ハリス佑子
出版社:静山社 静山社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2016年09月01日
ISBN:9784863893443
評価スコア 3.85
評価ランキング 31,844
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く
  • 「ピーターラビット」の作者が100年も前に書いたというお話,それだけで魅力的ですね!
    お行儀のよいいい子の黒猫キティのお話です。
    表面的にはお行儀よいいい子のキティですが,裏では男物の洋服を着て狩りにでかけるというお転婆さ。それを知らない飼い主のおばあさん。
    誰でも二面性はあるものです,どちらが本当のキティかな?と読み手もわくわく考えさせられます。
    一児の親である私は,おばあさん=私,黒猫キティ=我が子,のような感覚を持ちながら読みすすめてしまいました。
    親の私の知らない我が子の顔もあるかも?子供が本当に望んでいることやりたいことは実は私が知らないでいることだったり?
    親という立場の私は,キティを見ながらそんなことも思ってしまいました(笑)。
    1冊の本,1つのお話でも,読み手のその立場立場によって巡らせる想いは違うのかも知れませんね。そんなことを感じた絵本でもありました。
    私は親という立場からキティを我が子に重ねて読みましたが,みなさんはどんなふうにこのお話を読んだのかしら?そんなことも気になりました(笑)。
    やっぱり絵本って奥深いですね。
    イラストも味わいあり素敵でした!

    掲載日:2017/05/09

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ブーツをはいたキティのおはなし」のみんなの声を見る

「ブーツをはいたキティのおはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / だるまさんが / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / どうぞのいす / キャベツくん / もこ もこもこ / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



20か国以上で大反響!プログラミングの魔法の世界へようこそ

全ページためしよみ
年齢別絵本セット