こくん こくん
作: 村中 李衣 絵: 石川 えりこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「だいじょうぶ、きっとできる」ともだちとの心の響きあいを描いた絵本

しげちゃんとじりつさん」 ゆりわんちゃんさんの声

しげちゃんとじりつさん 作:室井 滋
絵:長谷川 義史
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2016年07月
ISBN:9784323073590
評価スコア 4.29
評価ランキング 16,283
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く
  • バアちゃんの○○!!

    図書館から借りてきて、8歳の娘と読みました。

    おばあちゃんっ子だった室井滋さんの幼少時代のお話です。

    バアちゃんに“ひっつき虫”の、しげちゃん。
    担任の先生から、成績表に「自立を!」なんて書かれてしまいます。
    お母さんからは「バアちゃんと一緒に寝るの禁止!」令が出されてしまいます。
    しげちゃんは一生懸命、自分の部屋で一人で眠れるように
    努力しますが…?!

    まずちょっと怖かったのが、しげちゃんの考える「自立さん」!
    こちらをにらむたくさんの目に、次女もちょっとギョッとしていました。
    今、目みたいに見える木目の天井なんて、
    あまりお目にかかれないですからね〜( ^ ^ )。
    そこは少し、説明しました。

    その後の白ヘビのシーンも、次女的には結構衝撃的だったようですが、
    最後のオチ(?!)に、私も次女も大笑い!!!
    何回見ても、笑っちゃいます(笑)。

    怖〜い怖〜い「自立さん」より、
    「バアちゃんの○○」の方が、よっぽど破壊力を持っていたんですね(笑)。

    室井さんのあとがきに、おばあちゃんとの温かい関係が見て取れて、
    心がほっこりしました。

    読んだ後に、自立ってこういう意味だよって教えてあげたり、
    昔の家は、外にお便所があったんだよ〜とか、
    ちょっとした補足説明は必要かと思います。
    子供よりも、大人が読んだ方が、いろいろ共感できて楽しいのかも?

    怖がりの子は、ちょっと怖くなってしまうかもしれない、とも思いますが、
    最後が衝撃的過ぎて(笑)面白いので、
    怖かったのも忘れちゃうんじゃないかな〜?と思います。

    小学校1年生くらいからおススメです。
    大人の方にも、おススメです!!( ^ ^ )

    投稿日:2017/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「しげちゃんとじりつさん」のみんなの声を見る

「しげちゃんとじりつさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / だるまさんが / からすのパンやさん / ちょっとだけ / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット