おおきなうみと ちいさなマーヴィー おおきなうみと ちいさなマーヴィー
作・絵: H@L  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
海の世界で未来を夢みるくじらのマーヴィー!絵本いっぱいに広がる青が、夏にぴったりな1冊です!

旧暦で行事をたのしむ お月さまのこよみ絵本」 てんぐざるさんの声

旧暦で行事をたのしむ お月さまのこよみ絵本 文:千葉 望
絵:阿部伸二
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2016年08月
ISBN:9784652201572
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,666
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • 祝日はただのお休みではないのです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    お月さまがきれいに見える秋に特におすすめしたい1冊です。
    この本で最初に行っているように、もともと旧暦は中国から伝わってきたお月さまを中心に考えられた一年の暦です。
    長い間日本人はこの暦で生活をし、お月さまの満ち欠けで季節を感じたりしていました。
    ということは頭でわかっていましたが、
    「お正月」の意味は実は知らなかったです。(自分の無知が恥ずかしいっ!)
    お月さま中心の「旧暦」では一年の始まりが必ず「新月」と決まっていたから、「正しい月」=「お正月」となったんですって。
    他にも、七草がゆ・小正月・ご節句(ひな祭りや端午の節句ほか)など、日本の文化の欠かせない行事として、
    お月さまにまつわる祝い事は今も残っているんだとわかりました。

    祝日がただのお休みではなくて、きちんとした季節の節目節目のお祭りや祝い事だということをこの本を紹介することで、子どもたちにわかってもらえたらいいな〜と、思いました。

    投稿日:2016/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「旧暦で行事をたのしむ お月さまのこよみ絵本」のみんなの声を見る

「旧暦で行事をたのしむ お月さまのこよみ絵本」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<後編>

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット