話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

きつねの子(2) つりばしゆらゆら」 ガーリャさんの声

きつねの子(2) つりばしゆらゆら 作:もりやま みやこ
絵:つちだ よしはる
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
税込価格:\990
発行日:1986年03月
ISBN:9784251006981
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,908
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く
  • 結果重視でなく

    同じシリーズの「きいろいばけつ」が、とてもよかったので、こちらも続けて読んでみました。「きいろいばけつ」同様、ハッピーエンディングではありませんでしたが、にもかからわず、清々しい読後感があり、心の中で、ストーリーが続いていくような感じがしました。

    このお話では、「きいろいばけつ」もそうですが、「ばけつ」や「つりばし」をめぐるシンプルなストーリーに、きつねの子の揺れ動く心情が織り交ぜられ、ストーリー自体よりも、主人公の気持ちに重点が置かれています。絵本を選ぶときに、物語のあらすじ、とりわけ結末に視点が言ってしまいがちですが、このお話のように、経過を大事にしている絵本は、子どもも共感する部分が多いような気がします。

    私たち親も、子どもとの日常生活の中で、結果だけを重視してしまうあまり、その過程において、十分にほめてあげることを時として忘れてしまいますが、この絵本を読んで、たとえ、つりばしを渡り切れなくても、最初は一歩も進めなかったのが、最後には真ん中まで来れた、という成果を認めてあげて、そこまでの努力と勇気を称えてあげられるようになりたいな、と思いました。

    また、子どもだからこそ、「今は、真ん中まで来れただけでいいや」と満足もでき、「いつかつり橋の向こうまで行ってみたい」という希望も持ち続けられるのではないかな?とも思いました。大人は、自分自身で、ゴールを設定したり、限界をつくってしまったりします。「橋の反対側まで行ってこそ意義がある」とか、「来年は、もう○歳だから、再挑戦は無理だ」とか・・・。でも、子どもは、楽しみを先にとっておける心のゆとりがあり、無限の可能性も秘めているのですね。そんなことを感じながら、このお話を読みました。

    投稿日:2009/02/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「きつねの子(2) つりばしゆらゆら」のみんなの声を見る

「きつねの子(2) つりばしゆらゆら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おこだでませんように / ぼちぼちいこか / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おおきなかぶ ロシアの昔話 / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おしょうがつバス
    おしょうがつバス
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    だれが一番に初日の出をみるか、眺めのいい丘まで、干支の動物たちが競争です。除夜の鐘を合図に、しゅっぱ


松嶋菜々子さんの朗読で楽しむJ.K.ローリング書き下ろし童話『イッカボッグ』

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット