新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる

シャクルトンの大漂流」 レイラさんの声

シャクルトンの大漂流 作:ウィリアム・グリル
訳:千葉 茂樹
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\2,100+税
発行日:2016年10月14日
ISBN:9784001112603
評価スコア 4.6
評価ランキング 4,085
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • 全員生還の実話

    1914年、南極探検を目指すも氷に阻まれて船を失い、2年ほど漂流するも、
    全員生還した、シャクルトン隊の実話を描いた作品。
    船の整備、隊員たちの選考などから、航海・漂流・脱出までの隊員の様子まで詳しく描かれており、
    さながら映画のドキュメンタリーを見ているような情報量です。
    何より、究極のサバイバルの中、シャクルトンはリーダーとして、様々な角度から、
    隊員たちを統率していきます。
    一種のリーダー論にも通じるかもしれません。
    絵日記のような軽いタッチの絵ですが、サバイバルの様子がありありと提示されます。
    まさに極限の世界での、人間の姿を体感しました。

    投稿日:2017/10/10

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「シャクルトンの大漂流」のみんなの声を見る

「シャクルトンの大漂流」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おおきなかぶ / パパ、お月さまとって! / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット