虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

世界中からいただきます!」 渡辺諦さんの声

世界中からいただきます! 文:中山 茂大
写真:阪口 克
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2016年11月22日
ISBN:9784036450602
評価スコア 4.25
評価ランキング 17,064
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • 居ながらにして世界旅行をした気がする一冊。
    バックパッカー風の旅のスタイルで、そこら辺の普通のお宅にお邪魔して
    ご飯をご馳走になっている二人。すごい行動力&交渉力!
    答えてくれる現地の方々も太っ腹!

    高級ホテルや観光地ではない、普通の人々の暮らしを紹介しているところが素晴らしい。作られたイメージではない、本物の外国の空気が感じられる。
    その辺の人を撮影した何気ない写真、現地の風景や台所の風景がいきいき、のびのびしていて、手を伸ばせば触れそうな勢い。

    いろいろなお料理を紹介しているのですが、気取った盛り付けをしているような観光地臭い代物は一つもなく、普通の食卓で何気なく食べているものばかり。
    盛り付けもドカン!とお皿に盛っただけの、素朴なもの。
    男二人が旅しているためか、男っぽい料理やおもしろいエピソードが満載。

    食べる事は、決してきれいごとだけでは済まされれない。
    例えば、家畜をと殺する場面や、解体する場面もしっかり取材している。
    それがさりげなく、当たり前のこととして、紹介されている。
    私たちも、肉や魚を食べる。スーパーでは、すでにと殺され、解体され、食べやすくなった肉の塊がパック詰めされて並んでいるけど、もとをたどれば生き物。
    そういう大事な、命のことは、なかなか学校などでは教わる事はない。家庭でも、難しい時代です。昔のように鶏を飼っていて自宅でさばいて食べるという機会がない方が多いだろうし、そういう事をしていると、「残酷」とか言われかねない雰囲気を、私は感じます。
    いろんな人の生活を知る事も心の栄養になるし、食べ物が命であることを感じる事も大事。この本は、それを道徳の教科書みたいなかしこまった雰囲気ではなく、ファンキーで楽しい旅行体験として伝えてくれていることが、素晴らしいと思う。

    投稿日:2017/01/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「世界中からいただきます!」のみんなの声を見る

「世界中からいただきます!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おおきなかぶ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おかしになりたいピーマン』『おもちゃになりたいにんじん』岩神愛さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット