虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

こわい、こわい、こわい? しりたがりネズミのおはなし」 てんぐざるさんの声

こわい、こわい、こわい? しりたがりネズミのおはなし 文:ラフィク・シャミ
絵:カトリーン・シェーラー
訳:那須田 淳
出版社:西村書店 西村書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2016年11月07日
ISBN:9784890139767
評価スコア 4.54
評価ランキング 5,501
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く
  • 見た目的な違和感が取れませんでした。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子17歳

    表紙絵・タイトルにインパクトがありました。思わず手に取りたくなる印象的な描き方です。

    主人公ネズミのミナが外に出ていくと……、そこはサバンナ?のようなところで、ライオンやらカバなど次々登場してきます。
    最初にお母さんネズミが怖がって逃げてきたのはネコでしたし
    (そのネコはサバンナとかに生息しているようなヤマネコやチーター的な姿ではなく、わりと普通に町にるようなネコでした)、
    ミナは途中で(家で人に飼われているような種類の)イヌにも会うんですよ。
    (この時会ったのがジャッカルならすごく納得したのに)

    例えば、背景がなにも描かれていなくて、その動物だけが出来ているとか、もっとコミック的なデフォルメした動物たちのいる世界の物語なら、それほど違和感はなかったのですが、
    イヌやネコがライオンやらゾウやらと同列に描かれていることに、
    わたしはずっと違和感が取れませんでした。

    「知りたがり」という内容に重きを置いているとはいえ、こんな風な違和感を感じる読者は私の他にもいるかもしれませんね〜。

    投稿日:2017/04/17

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「こわい、こわい、こわい? しりたがりネズミのおはなし」のみんなの声を見る

「こわい、こわい、こわい? しりたがりネズミのおはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / おつきさまこんばんは / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット