しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ぼくのへやにうみがある」 てんぐざるさんの声

ぼくのへやにうみがある 作:マーガレット・ワイルド
絵:ジェーン・タナー
訳:しろたのぼる
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,204+税
発行日:1987年
ISBN:9784593502073
評価スコア 4
評価ランキング 23,778
みんなの声 総数 2
「ぼくのへやにうみがある」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 「…うみのおとが きこえるから」!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子17歳

    日本では1987年に出版されたものですので、結構古いです。
    表現の仕方もあまり今っぽくはありません。
    でも、一つ一つ丁寧に描かれていて、はっきりと見やすいです。

    泳げない男の子・デビッドが拾った大きな巻貝。
    「…このかいに おまえのみみを あててごらん。
     きっと うみのおとが きこえるから」
    と言ってくれたお父さん、素敵ですね。
    最近の日本の海水浴ができる海岸で、ほら貝(巻貝)型の貝殻って見つかるでしょうか。
    もしも、海岸で子どもたちが見つけてきたら、今子育て中のパパさん・ママさんたちも、お子さんたちにこういう言葉かけをしてあげてほしいです。

    物語に登場する大人たちは部屋の中にあふれ出た海が、デビッドの想像のたまものだと処理してしまっていますが、それだけではないエピソードが描かれているページがあります。
    日常の中の小さな「不思議」が印象的でした。

    投稿日:2017/04/17

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくのへやにうみがある」のみんなの声を見る

「ぼくのへやにうみがある」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット