あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくものの試し読みができます!
作: 大久保 雨咲 絵: 相野谷 由起  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
こころがふっとかるくなる あたたかいおはなし

やまおやじ」 ポポロさんの声

やまおやじ 作・絵:今森 光彦
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,550+税
発行日:2006年08月
ISBN:9784097260912
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,794
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • 命のつながりに人間も

    • ポポロさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳

    「やまおやじ」とは幹が太くなったちょっとへんてこりんなクヌギたちのこと。
    大きなウロがあって口を開けているように見えます。
    そんな「やまおやじ」の目線で季節の移り変わりと自然の
    命について綴られた写真絵本です。
    「やまおやじ」は今森さんの造語なのかちょっとわかりませんが、
    どっしりと構え、年月を感じるクヌギの木たちは本当に山を見守るおやじのようです。
    途中、チェーンソーで木を伐採するという話しが出てきます。
    最近では木を伐採=自然破壊と考えがちなのですが、
    木の伐採は18年ごとでシイタケの木をとるためであり、
    伐採のあとの切り株から新芽がでて、光が当たることにより草が生えるとあります。
    自然の中での命のつながりに人間を正しく組み込むこともできるんだなと思いました。
    自然と人との関わりを改めて考えることのできる作品です。
    息子はイノシシの骨がころがっているシーンに驚いて食い入るように
    見つめていましたが、命のつながりの意味をちょっぴり理解したようです。

    投稿日:2006/09/18

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「やまおやじ」のみんなの声を見る

「やまおやじ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / くだもの / わたしのワンピース / こんとあき / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット