貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

カレー地獄旅行」 恵里生(えりお)さんの声

カレー地獄旅行 作:ひげラク商店 安楽 雅志
出版社:パイインターナショナル
本体価格:\1,300+税
発行日:2017年02月09日
ISBN:9784756248435
評価スコア 4
評価ランキング 19,607
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く
  • 【あらすじ】
    好き嫌いの激しいワガママな少年は、妹のカレーの肉を勝手に食べ、自分のカレーの野菜を捨てて、親に怒られても全然こたえない。そんな少年は地獄域になり、カレーに吸い込まれる。やってきた地獄では野菜と一緒に切り刻まれ、鉄鍋で炒められ、釜茹でになり、激辛カレー責めにあい…あらゆる拷問をうける羽目に。はたして少年は悔い改めることができるのだろうか?

    【感想】
    好き嫌いの多いワガママな子どもに、是非とも読ませたい一冊。
    主人公の少年に同情の余地はなく、もっとしっかり反省するまで長々とカレー地獄に居て欲しいと、心の底から思いました。
    たぶん、個人的な経験として、兄弟から「勝手に自分の好きな食べ物を食べられた」という思い出があって、いまだに許せないからでしょうか。食べ物の恨みは怖いものですな。
    さておき、今時めずらしい、古風な、昭和レトロな作風は、子どもというよりも大人に受けそうな予感。地獄の風景も、江戸時代のような昔よりも、ちょっと昔の昭和の方がリアルな感じがしていいのかもしれません。作者のセンスの良さが光ります。
    世の親たちの苦労が察せられます。好き嫌いやワガママ、身勝手な態度など、何度も堪忍袋を爆発させていることでしょう。絵本ですら、私はこんな子どもの嫌な態度に我慢できません。子育てをしている人が、観音様に見えてきました。

    ちなみに、自分の子どもの時は好き嫌いを言ったら最後、「食べなくてよい」とご飯が終了でした。泣いてもわめいても情状酌量はナシ。おなかをすかせたまま、その辺をうろうろしていました。古い時代の話ですが、甘やかしすぎるよりはよかったのかと、今では思います。実家の親たちは、地獄の鬼より恐ろしかったことを思い出しました。

    掲載日:2017/04/27

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「カレー地獄旅行」のみんなの声を見る

「カレー地獄旅行」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / だるまちゃんとてんぐちゃん / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『藤城清治 影絵の絵本 グリム』<br>藤城清治さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 2
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 6

全ページためしよみ
年齢別絵本セット