宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

プログラミング教室」 Tamiさんの声

プログラミング教室 監修:たにぐち まこと
漫画:落合 ヒロカズ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2017年01月31日
ISBN:9784591152683
評価スコア 3.5
評価ランキング 34,897
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • スクラッチの入門本です。

    3年生の息子が、科学館でプログラミングを初体験。
    たいへん興味を持ち、
    家でもやってみたいというので、スクラッチをやってみることにしました。
    しかし、経験がないと大人でもなかなか難しい。
    まずは家族みんなで漫画で勉強してみることにしました。
    我が家で最初に購入したスクラッチ勉強のための本がこれです。

    まんがのストーリーは、ゲーム好きの男の子が、
    スクラッチを使って自分でゲームを作ってみようと試行錯誤するもの。
    プログラミングとは何ぞやというところから必要な人にはおススメです。

    我が家はその部分はすでに終えていたので、
    物語はほぼ読まず。
    こうしたいときは、この機能を使うといいよ、
    というポイントが示されているので、
    このポイントのところばかり活用しています。
    というわけで、入門本であるこの本ではちょっと物足りず、
    この後、もうちょい上級者向けをもう一冊購入しました。

    掲載日:2018/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「プログラミング教室」のみんなの声を見る

「プログラミング教室」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット