虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

いたずらおばあさん」 はなびやさんの声

いたずらおばあさん 作:高楼 方子
絵:千葉 史子
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1995年
ISBN:9784577015261
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,987
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く
  • 元気パワー

    息子にはまだ早いかなと思いつつ、自分がたかどのほうこのお話を読みたいので児童書を借りてしまいました。

    一人で読んで、やっぱりおもしろいと思いました。

    84歳のエラババ先生は、えらい洋服研究家です。エラババ先生は、受講生の中からヒョコルさんという68歳のおばあさんを助手として選びます。エラババ先生は一枚着ると1歳若くなるという服を発明しました。普通の人なら、お金儲けを考えるのかもしれませんが、その服で、ヒョコルさんと一緒に8歳の女の子になることを提案します。

    「もういちど子どもになって、思いっきり遊べるっていうときに、さかあがりひとつやれない中年のおばさんになって、それでもうじゅうぶんだなんて、こころざしが低すぎて」という理屈が、とてもおもしろかったです。

    洋服研究家である時と少女である時の待遇の違いを感じると、すぐにその人たちにお仕置きをしてしまうという茶目っ気もあり、年をとってもこんなおばあさんだったら楽しいだろうなと思いました。読んだ後、本から元気パワーをもらったような気持ちになりました。

    投稿日:2008/02/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「いたずらおばあさん」のみんなの声を見る

「いたずらおばあさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

そらをとんだワンダ / ハウルの動く城1 魔法使いハウルと火の悪魔 / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / もりのこびとたち / おふろじゃおふろじゃ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット