ロングセラー
じっちょりんのあるくみち

じっちょりんのあるくみち(文溪堂)

春のみち、下を向いて歩くのが楽しくなる絵本。

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり

ねぇ、しってる?」 夏の雨さんの声

ねぇ、しってる? 作:かさいしんぺい
絵:いせひでこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2017年05月
ISBN:9784265802296
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,290
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く
  •  いせひでこさんの絵が好きだ。
     好きだから、いせさんの絵は自然と目にはいってくる。
     この絵本もそういう風に、いせさんの絵が誘ってくれた。
     春の風のように、夏の香りのように、秋の音のように、冬の静けさのように。
     そうだ。いせさんの絵は、季節のやさしさにあふれている。
     季節の色に彩られている。
     さあ、ページを開こう。

     保育園児のけいたくんが大切にしている、ゾウのぬいぐるみ。
     空色をしているので、そらくん。
     けいたくんはいつもそらくんとたくさんお話をする。保育園のことだとか、もうすぐおにいちゃんになることだとか。
     ところが、けいたくんにおとうとが生まれて、ちょっぴりおかしくなってしまうけいたくん。
     自分がおかあさんたちの「だいじっこ」じゃなくなったって思ってしまったんだ。
     そんな時、そらくんがけいたくんに話しかけてきた。
     それは初めてそらくんがやってきた日のことから。
     そらくんは初めおかあさんの友達だったんだ。
     けいたくんが生まれて、そらくんはけいたくんの友達になって。
     けいたくんはそらくんに自分がみんなからとっても大事にしてもらった「だいじっこ」ということを教えられる。
     だから、けいたくんはおとうとも大事にしようって。

     そうして少しばかり大きくなったけいたくんにはそらくんの声が聞こえなくなってしまう。
     そう泣くけいたくんをお母さんはやさしく抱きかかえてくれる。
     おかあさんのやさしい腕の線が、いせさんの絵の素晴らしさだろう。
     きっと誰にもあった、母の腕だ。

    投稿日:2018/01/21

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ねぇ、しってる?」のみんなの声を見る

「ねぇ、しってる?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが / からすのパンやさん / おつきさまこんばんは / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



5月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット