宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おかあさんはね 」 ムスカンさんの声

おかあさんはね 文:エイミー・クラウス・ローゼンタール
絵:トム・リヒテンヘルド
訳:高橋久美子
出版社:マイクロマガジン社 マイクロマガジン社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2017年05月
ISBN:9784896376371
評価スコア 4.83
評価ランキング 132
みんなの声 総数 58
  • この絵本のレビューを書く
  • お母さんにしてくれて、ありがとう 受賞レビュー

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    表紙を見ただけで、
    これは、泣いてしまうだろうと予想ができてしまう。

    けれど、一人で静かに読んでみて、
    以外と、ジーンと言う感動よりも、満たされる想いでいっぱいになった
    絵本です。

    英語では、wish you more という題ですが、
    「おかあさんはね」って、とってもいいなぁ。

    そして、
    成績がよくなりますように、
    いい大学に入りますように
    いい仕事につけますように

    ではなく、

    もっとちょうだい よりも、 どうぞって言える人になりますように。
    だいじょうぶ?って言ってくれる仲間がいますように。
    あなただけの星がみつかりますように。

    と祈るときの自分の心が本当にキレイで、
    暖かいものに満ち溢れていることに気づくとき、

    本当に、私をお母さんにしてくれてありがとうという、
    感謝の気持ちでいっぱいになります。

    お母さんにならなければ、きっと気づくことができなかった
    この暖かさ。清らかさ。

    こどものおかげで、こんなに穏やかで、清らかな気持ちになれる。
    そんな大切なことを気付かせてくれる、素敵な一冊です。

    投稿日:2017/06/23

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おかあさんはね 」のみんなの声を見る

「おかあさんはね 」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おどります / しろくまちゃんのほっとけーき / ちいさなあなたへ / どうぞのいす / おばけパーティ / へんしんトンネル / としょかんライオン

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(58人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット