まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

おかあさんはね 」 ランコタママさんの声

おかあさんはね 文:エイミー・クラウス・ローゼンタール
絵:トム・リヒテンヘルド
訳:高橋久美子
出版社:マイクロマガジン社 マイクロマガジン社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2017年05月
ISBN:9784896376371
評価スコア 4.83
評価ランキング 132
みんなの声 総数 58
  • この絵本のレビューを書く
  • すべての母の願いです

    • ランコタママさん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 岩手県
    • 男の子10歳、女の子9歳、男の子8歳、女の子6歳

    とても良いです。
    ゆったりとしたBGMを聞きながら、お茶を頂きながら、若いお母さんに読んであげたい。
    読み聞かせのおばあさんはそう思いました。
    言葉にはできないけれど、ずっと思っている。そんな願いが愛らしい子供の絵と、きれいな景色の中で語られています。
    子育てに疲れているあなたに。短いけれど温かい時間の中で、若いあなたが再生できますように。
    そんな願いをこめて、疲れたり、迷っているあなたに読んであげたい。
    そんな老婆心をくすぐられました。

    子供が少しおおきくなったなら、この本を読んで、母の愛を再確認することでしょう。と、おばあさんの勝手な希望です。

    投稿日:2017/06/28

    参考になりました
    感謝
    3

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おかあさんはね 」のみんなの声を見る

「おかあさんはね 」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おどります / しろくまちゃんのほっとけーき / ちいさなあなたへ / どうぞのいす / おばけパーティ / へんしんトンネル / としょかんライオン

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(58人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット