これなんなん? これなんなん? これなんなん?の試し読みができます!
作: くりはらたかし  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
タヌキの島に流れ着く、さまざまな人間の道具。何に使うもの? タヌキたちは物知りな長老に質問しますが、長老の答えは…?

おかあさんはね 」 ゆかこ@3人ママさんの声

おかあさんはね 文:エイミー・クラウス・ローゼンタール
絵:トム・リヒテンヘルド
訳:高橋久美子
出版社:マイクロマガジン社 マイクロマガジン社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2017年05月
ISBN:9784896376371
評価スコア 4.83
評価ランキング 132
みんなの声 総数 58
  • この絵本のレビューを書く
  • 目に見えなくてもお母さんが傍にいる

    「ねえ、お母さん。お母さんは、見えるところにいなくても、ずっと見てくれているんだね!嬉しい!」と5歳の娘に言われました。「どうして?」と聞くと、「だって絵本には、お母さんの顔は出てこないでしょ。でもね、お母さんはいつも見てくれているでしょ」ですって。小さい子供はもちろんのこと、小学校に入ってコミュニケーションが難しくなった時期に読んでもらうのも良いかも…と感じました。

    投稿日:2017/08/04

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おかあさんはね 」のみんなの声を見る

「おかあさんはね 」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おどります / しろくまちゃんのほっとけーき / ちいさなあなたへ / どうぞのいす / おばけパーティ / へんしんトンネル / としょかんライオン

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(58人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット