こくん こくん
作: 村中 李衣 絵: 石川 えりこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「だいじょうぶ、きっとできる」ともだちとの心の響きあいを描いた絵本

王さまと九人のきょうだい」 きゃべつさんの声

王さまと九人のきょうだい 訳:君島 久子
絵:赤羽 末吉
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1969年11月25日
ISBN:9784001105575
評価スコア 4.77
評価ランキング 563
みんなの声 総数 73
  • この絵本のレビューを書く
  • テンポがいい

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    低学年への読み聞かせの本を探していて、見つけました。

    子供がほしいという老夫婦にいっぺんに9人もの子供が生まれるのは
    ありえないんですけれど、、
    しかも、その子供達の名前=特技になってるところが、民話らしいです。

    ストーリのテンポがよく、次から次へと出される王様の難題に
    息子達がどんどん答えていく様子は、引き込まれました。
    お話のテンポがよく痛快で良かったです。

    中国の民話にありがちですが、日本のものに比べてありえないくらい大げさなのがいいです。

    投稿日:2010/07/05

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「王さまと九人のきょうだい」のみんなの声を見る

「王さまと九人のきょうだい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はじめてのおつかい / どうぞのいす / キャベツくん / なにをたべてきたの? / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(73人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット