でんぐり ごろりん でんぐり ごろりん でんぐり ごろりんの試し読みができます!
作: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
でんぐりしたら、どうなると思う? えー!?って、言っちゃうよ、きっと!

王さまと九人のきょうだい」 環菜さんの声

王さまと九人のきょうだい 訳:君島 久子
絵:赤羽 末吉
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1969年11月25日
ISBN:9784001105575
評価スコア 4.77
評価ランキング 567
みんなの声 総数 73
  • この絵本のレビューを書く
  • 感想文を書かせてみたい!

    • 環菜さん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    中国民話。子供が欲しいと強く願っていたおじいさんとおばあさんが、謎の老人(仙人?)から子供が生まれるという丸薬を9つもらったところからお話が始まります。全部飲んでしまった結果、9つ子が生まれました。それぞれ仙人から名前をもらい、一気に大きくなったわけですが…9人の兄弟がそれぞれに名前のとおりの強みを持っていました。その中の1人の強みを恐れた国の王さまは、さまざまな方法で討伐しようとしますが、顔がそっくりな9人はうまいぐあいにそれぞれの強みを生かして、王さまの無理難題をクリアしていきます。
    民話ならではの、ちょっと大袈裟なお話だけど、それが面白い!兄弟力を合わせるっていいね〜とか、王さまって悲しい人ねぇ〜とか、読んだ人によって色んな感想があると思います。低学年くらいからオススメです!

    投稿日:2014/04/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「王さまと九人のきょうだい」のみんなの声を見る

「王さまと九人のきょうだい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はじめてのおつかい / どうぞのいす / キャベツくん / なにをたべてきたの? / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(73人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット