新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

チロリものがたり」 Pocketさんの声

チロリものがたり 文:大木 トオル
絵:岡山 伸也
出版社:絵本塾出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2017年03月15日
ISBN:9784864841115
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,346
みんなの声 総数 5
「チロリものがたり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • セラピードッグとして活躍するチロリ

    犬が大好きな私にとって、この物語は読むだけでも胸がいっぱいです。
    元々捨て犬だったチロリ。
    子犬は引き取られていったけれどチロリは保健所へ連れていかれるという描写は現実から目を背けてはいけない紛れもない事実があります。

    日本でもこうして、殺処分されていく犬たちが現実にたくさんいます。
    そしてその殺処分をなくそうと活動をされているボランティアの方も多数います。
    ペットは可愛いけれど、やはり責任をもって飼う必要があることは誰しもわかっているのでしょうが、この保健所のシーンは胸が痛みました。

    でもチロリは、殺処分寸前で引き取られ可愛がってくれる家族の元でセラピードッグになる訓練を始めます。

    ここに描かれているおばあちゃんのしわしわの笑顔が、とても優しくてそしてチロリのお陰で心も体の治療を助けて元気になっていることがわかりました。

    チロリのように活躍するセラピードッグの事をもっと知りたいと感じました。
    絵がまるで生きているかのように繊細で素敵です。

    投稿日:2017/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「チロリものがたり」のみんなの声を見る

「チロリものがたり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

よるくま / いいこってどんなこ? / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はれときどきぶた』40周年おめでとう!<br>作者・矢玉四郎さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット